【元祖筋肉芸人】オール巨人の武勇伝がすごすぎる!!【パンパン/島田紳助/有吉弘行など】

日本の漫才コンビ「オール阪神・巨人」の1人、オール巨人は言わずと知れた巨漢な男性。そして鍛え抜かれた肉体の持ち主。そんなオール巨人の武勇伝を紹介していきます!!

2016.02.05
このエントリーをはてなブックマークに追加

オール巨人の愛称はモンスター!?

オール巨人

オール阪神・巨人のボケ担当。
1975年4月にコンビ結成。

本名は南出 繁。
吉本興業大阪本社所属。

生年月日:1951年11月16日

名前とは裏腹に巨人ファンではなく、熱狂的な阪神タイガースファンである。本人曰く「阪神タイガースが負けた日におっちゃんに襲われることがある」という。2010年、長男・仁寛が中日ドラゴンズの主力投手・山井大介の妹と結婚を発表。巨人の芸名と中日の縁戚を持つ熱烈阪神ファンという賑やかな状態となった。

出典:オール阪神・巨人 - Wikipedia

元祖筋肉芸人・オール巨人

身長:184.3cm
体重:84kg

高校時代は陸上競技部。
柔道は二段という有段者。
自宅にはトレーニングルームを完備。

人並み外れた身長だけでなく力も強く、リンゴを素手で握りつぶすことができる。

怪力自慢としては、現役時代の元大関若島津に腕相撲で勝ったことがあり、力士にならないか?とスカウトされた

このスカウトに大してオール巨人さんは、「漫才の方が儲かるから…」と断っている。

出典:オール巨人、喧嘩武勇伝伝説とエピソード

オール巨人の武勇伝!!

後輩に慕われるオール巨人師匠

人望も厚いのがオール巨人師匠

横山やすしとのエピソード

楽屋に横山やすしが現れ、いつもの調子で当時若手だったオール阪神・巨人たちをアゴで使っていた。しかし、あまりの横暴さに巨人はやすしに激昂して先輩であるにもかかわらず、猛烈な剣幕で食ってかかって諌めた。後日、やすしはその恐怖からか巨人のことを「巨人君」と呼ぶようになり、巨人もやすしを尊敬する様になったという。

出典:オール巨人、喧嘩武勇伝伝説とエピソード

オール巨人の中学時代エピソード

中学3年生の頃には身長が180cmほどになっていた。特に暴れん坊だった、不良だったと言うわけではないのだが、いつしかケンカが強いと言う「設定」になっており、学校では一目置かれる存在となり、いつのまにかたくさんの子分がいたという。

出典:オール阪神・巨人 - Wikipedia

島田紳助とのエピソード

「巨人の腕っぷしの強さは吉本では有名だからね。18年ほど前に『なんば花月』で共演した時、紳助が舞台裏の風呂場に入ったら巨人が先につかっていた。紳助も体を洗ってから湯船につかったんだけど、巨人はすかさず両手で紳助を抱えて湯船から出し、首筋あたりを指さし『ここを洗ってないやんけ!』と一喝。その迫力に相当ビビッたみたいです。巨人のスパルタ教育に悩んでいる後輩たちには、『巨人はヤバいから黙って従っておけ』と弱気なアドバイスを送っていたといいます」

出典:紳助VSたけし遺恨30年抗争!(5)風呂場で一喝されビビッた! | アサ芸プラス

腕っ節の強さで島田紳助さんをひるませたそうです

「ガチンコ!」にて「パンパンやぞ!!」

テレビ番組の企画「ガチンコ!」にて、巨人に漫才師を育てる企画、「漫才道」の講師の依頼があった。その時の、1週目収録で態度の悪い人物に対するエピソード

1週目収録がはじまると、20-30人集まった候補者の中にとんでもなく態度の悪い人物がおり、巨人はその人物を怒鳴りつけたが、その人物はしらばっくれたような態度を取るだけだった。巨人は、「何を言うてんねん。お前な、漫才師になりたくてここに来たんなら、俺の言うことを聞け、嫌やったら帰れ! お前が俺の弟子やったらパンパンやぞ!!」(オール巨人『師弟』p.148より引用)と叱りつけた。

出典:オール阪神・巨人 - Wikipedia

巨人によればこの「パンパンやぞ!!」は後で評判になった台詞だが、本当はそんな風に言うつもりでななく、パンパンとはバチバチっと殴るぞ、ちゃんとやらないと手が出てるぞ、程度の意味合いであり、恐らく自身が怒りで興奮していたんだろう、としている。

出典:オール阪神・巨人 - Wikipedia

「やらせ」や「過度な演出」が嫌いな師匠の要望に応えなかったテレビ局に対して、相当怒っていたのでしょうね

オール巨人の弟子の1人である有吉弘行

元弟子・有吉とのエピソード

有吉は高校卒業直後、漫才師を目指し、オール巨人(62才)の内弟子として芸を磨いていた。だが、わずか8か月で謹慎処分を下され、事実上の“破門”を言い渡された。

「兄弟子を殴ってケガを負わせたため、“乱暴者はいらん。ちょっと休んどけ”って言ったんです」

出典:NEWSポストセブン|オール巨人 兄弟子殴った有吉弘行を謹慎させた出来事を語る│

いつの間にか有名に

すると、有吉はいつの間にか上京。ある日、巨人がテレビをつけると、ヒッチハイクでユーラシア大陸を横断していたという。

「何の連絡もなかったので、驚きました。帰国後すぐ、有吉くんは、ぼくの楽屋に来て、土下座して謝りました。なぜかそのとき相方の子も一緒に謝ってて(笑い)。ぼくは“これで正式に破門や。お前もつらかったんやろ”と声をかけさせてもらいました。

 実は、謹慎を命じた印象が強すぎて、ほかのことはあまり覚えていないんです(笑い)」

出典:NEWSポストセブン|オール巨人 兄弟子殴った有吉弘行を謹慎させた出来事を語る│

その当時の事を思い出して有吉は・・・

弟子を取る時には履歴書と、心構えなどを書いた書面を提出させ、それは全て保管しているらしい

若き日の自分の履歴書を見せられ「ただ、ただ、恥ずかしいんですけど、めっちゃ、うれしいです」と有吉。「巨人師匠のもとで修行していたのが8ヶ月、ヒッチハイクが6ヶ月、どっちかもう一回やるとしたらヒッチハイクを選ぶ。それくらい、当時の僕には厳しく感じられた」と師匠の前で語っていた。

出典:有吉、元師匠・オール巨人に感謝「弟子につかせてもらってよかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ