【戯言】ぐっとくる西尾維新の名言集【物語】

戯言シリーズや<物語>シリーズなどで有名な西尾維新さんの作中の名言を、シリーズごとにまとめてみました☆ 迷ってる時や、つまづいた時、西尾維新初心者のかた、西尾維新ラバーズの方、、みなさんに見ていただきたいです!

ほりちゃん
36,942view
0

西尾維新とは・・?

西尾維新(にしおいしん)

その独特の言い回しが癖になると評判の大人気作家☆
代表作に
・戯言シリーズ
・<物語>シリーズ
などがある。

西尾維新

西尾維新の人気の秘密の一つである、そのセリフ回しに注目し、
シリーズごとの名言まとめを作ってみました☆

立命館大学出身

西尾維新☆名言集~戯言シリーズ~

後悔するという行為には心を休ませる意味があるらしい。

とりあえず後悔だけしておけば、今目の前にある問題から逃げることができる。
悪いのを全部昔の自分にしてしまって、だからそれは、とりたてて自責ってわけではなくて。
後悔している間は正しい自分でいられるから。
(クビキリサイクル・P138)

一人で生きている人間は哀れで惨めで貧しく醜く不憫で孤独で―― そして何より尊いものだ」

「――それの何が悪い?」
いつか役立たずだと思われて。
どこかで矮小さがバレてしまって。
見捨てられることを恐れて何が悪い。
裏切られることを恐れて何が悪い?
「信頼は悲しいよ。信頼はすごく悲しい。人は一人で生きるんだ。信頼すればするほど、裏切りの衝撃は大きい。壊れて崩れて二度と元には戻らない」
「それでも一人は寂しいです」
「それでも一人で生きるんだよ。それができないってんなら、死んでしまった方がいい。大体寂しいから群れるってんなら、信頼し合える相手が多ければ多いほど、そいつは寂しがり屋ってことだろ?
(クビツリハイスクール・P96~97)

自分が誰を好きかなんて、自分じゃあわからないものです。

(ヒトクイマジカル・P255)
寂しいけれど、でも、一人で生きます。
裏切って、騙して、言い訳して、一人で生きるです。
(クビツリハイスクール・P144)

あのなー。ちゃんと理解しとけよ?

人生ってのは死んでも終わらないんだぜ。
お前が死んでもお前の影響は残るからな。
本当は終わりなんてどこにもないんだ。
(クビツリハイスクール・P168)

胸を張れ、背筋を伸ばせ、自分を誇れ、敵に吼えろ、俯くな!

諦めんな見限るなてめえで勝手に終わらせんな、同情されてーのかガキども!
媚びんな気持ち悪い懐いてくんな、動物かてめーら!
自己陶酔に他人を巻き込むな、悩みたきゃ勝手に悩んでろ!
相談すんな、お前らみてーな変なんの気持ちなんかわかるか!
傷舐めあってんじゃねえぞ、妥協すんな!
簡単に否定すんな!
難解な肯定すんな!
他のことなんかどうでもいいから、自分のことだけは自分で決めろ!」
(和さんからの寄贈/クビツリハイスクール)

みじめったらしくても悪足掻きでもいいから、とにかく何かを為し遂げろ!

みっともなくても、じっとしてるよりは遥かにマシだろうが!
足掻け、もがけ、それでいいんだ!
みんなそうやって、誤魔化しもって生きてるんだよっ!
自分だけが苦労しているみたいな姑息な生き方を選ぶな!
(ヒトクイマジカル・P345)

西尾維新☆名言集~<物語>シリーズ~

笑っちゃうわ。

ずっと一人でいると、自分が特別なんじゃないかって思っちゃうわよね。
一人でいると、確かに、その他大勢にはならないもの。
でも、それはなれないだけ。
笑っちゃうわ。

次の人生じゃ、絶対にうまくやる。

要領のいい、人間関係をうまくかわせて、
細かいことでいちいち罪悪感を抱かない、
悩むことなく無作為に行動できる、我を通すことに何の疑問も抱かないような、
嫌なことは全部他人のせいにできる、そんな人間に生まれ変わってやる――だから!

リアリティこそが敵で、戦う相手だ。

そして、そんなものに勝てる奴はいない。
歴史上、ひとりだっていなかった。
誰もが現実の前では討ち死にだ。
生きることは負け戦なのだ。

宝くじ買う人っているじゃない。

あんなの、普通に買ってて当たるわけがないのにさ。それなのになんで買うのかと言えば、『夢を買ってる』っていうんだけど……、
その言葉を聞くたびに私なんかは思っちゃうわけだよ――

『現実を買え』

人間、全ての他人に対して常に平等であることはできないのだ。

誰かの味方をすることは誰かの味方をしないということで、
誰かの味方になるということは誰かの敵になるということなのである。

正義の味方は。
正義以外の味方を決してせず。
そして正義以外の敵だ。
そこには偽るべき要素は何もない。
つまるところ、正義とは。
全員に対する裏切り者――なのだ。

真実を知りたければまず嘘を知れ。

信じる、ということは、騙されたがっている、ということだと、俺は思っている。

願いなんて、叶っても叶わなくてもいいんだよ。

願いは自分でかなえるもので、
だから叶わないかもしれないんだけど、しかしたぶん、
願いを願うことそれ自体に、もう既に価値があるんだろ

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ