【窪塚節炸裂!】”窪塚洋介”の愛の溢れる名言集!【一番の名言は秀逸すぎた遅刻の言い訳?!】

破天荒で、とっつきにくいというイメージのある窪塚洋介の数々の発言から、彼の愛にあふれる人物像と感性が見えてきました。おちゃめすぎる遅刻の言い訳も?!

ジジ
36,705view
0

破天荒、それでいて、愛にあふれる”窪塚節” 窪塚洋介の名言集

「昔がどうであれ、今がちゃんとしていれば俺はいいです」

出典:2003年6月13日『FRIDAY』(講談社)

元妻でレゲエダンサーののんちゃんが元嬢であると報道された際の発言。

「例えば花束を贈ろうとか、どっかに誘おうとか、そういうことをいろいろ考えなくても通じ合える。そういうひととしか一緒にいたくない」

出典:2001年3月号『JUNON』(主婦の友社)

いつでも自然体で、マイペースでいられることを理想とする窪塚。

「男が女を語るのは抵抗があるね。生物学的な意味でも、男は女には絶対かなわない」

出典:2010年9月号『VoCE』(講談社)

女性誌のインタビューにこう答えた窪塚洋介。オレ様なイメージとは裏腹に、女性への愛と尊敬をはっきり表せるところもまた魅力のひとつ。

「どんないやなことが起ころうとも、それを“ポジティブ・チューニング”する」

出典:2003年5月18日放送『地球維新 PIECES OF PEACE』(フジテレビ

「怒りや不満といったネガティブなバイブス(雰囲気)よりも、ラブアンドピースな感謝のほうにチューニングを合わせるほうがいい電波をキャッチできる」という窪塚。

『近所の洋くんと「俳優」窪塚洋介』

「この間実家に帰った時に、近所のおばちゃんとかに「こうやって会うと洋くんなのにねぇ」って言われて。その感覚は俺の中にもすごくあるっていうか、変な感じ。何で俺はミスチルのPVに出てるんだろうとか。賞をいただいたりしてることとかも不思議。そう思うと、奇跡の軌跡。」

出典:2002年 インタビュー

有名人となった自分を客観視しての発言。

窪塚洋介の『幸福論』

「全てはコインの表と裏。これだけの幸せを手に入れたら、それを失う怖さも手にしている。常に表裏一体じゃん。ってことを自分で意識できていたら、幸せをもっと幸せに感じられるし、もっと大切にしようって思える。」

出典:2013.7 ADVENTURE KING(No.7)

幸せの両面性を常に意識していたいと語る窪塚。

窪塚洋介『いつまでも子供でいたい』

「子供じゃなきゃ感じられない怖さとか、子供じゃなきゃ感じられない楽しさとか、できるなら今も感じたいと思う。いつまでたっても感じられるようでいたいと思う。」

出典:[2001.4 JUNON

子供の頃の新鮮な感受性は忘れたくないですよね。

窪塚洋介の『芝居論』

「芝居という言葉の中に“居る”って漢字が入るじゃないですか。演じる技じゃなくて、居る。そこに居る。」

「道を歩いていて、その角を曲がってそいつが歩いてくる可能性を感じさせたいというか。本当に生きている、そいつがどこかに。と思わせたい。」

出典:2011.12 Cinemacafe net.

実際に存在するかのようなリアリティこそが窪塚の目指す役者像。

窪塚洋介『仕事で幸せを感じるのは?』

「出来上がった作品を見ることと、その作品を見てもらうこと。あとは、今の自分を作品の中に刻んでいけるっていうのは、幸せなことだと思う」

出典:2001.11 JUNON

窪塚洋介『ファッションって役者に似ている』

「服装って、変えるだけで色んな自分になれるでしょ。それって役者の気質に似ているのかも。だから、それも自分らしいっていうか、洋服に興味があった理由なのかもしれないですね。」

出典:2011.5 GRIND

ファッショニスタとしてのメディア露出も多い窪塚。役者と通ずる面もあるそう。

番外編:窪塚の斬新すぎた寝坊の言い訳

映画「ジ、エクストリーム、スキヤキ」 PRイベントに窪塚が寝坊で遅刻・・・その言い訳は??

俳優・井浦新と11年ぶりの共演を果たした映画「ジ、エクストリーム、スキヤキ」 でのPRイベントに窪塚が寝坊で遅刻するというハプニングが。

 会場となるホテルにタクシーで向かっているという窪塚を待ってイベントは予定より 15分遅れる中、「ヒーローは遅れてやってくる!」(11年前に窪塚と共演した映画「ピンポン」の名台詞)とフォローする優しい井浦。

間もなく現れた窪塚は一直線に井浦の元に歩み寄り、「すいません」と頭を下げ、謝罪。そして、続けて放った一言は

「まさか地球時間と思わなかった。遅れてしまいました」

出典:映画「ジ、エクストリーム、スキヤキ」 PRイベント

誰もが予想だにしなかった斬新な言い訳。これこそ一番の名言かもしれません。・・・!笑

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ