武田真治の「筋肉愛」がわかるインタビューまとめ

俳優、タレント、サックスプレーヤーと幅広く活躍している武田真治さん。筋肉をテーマとした本も出版するなど、筋肉を愛していることがわかる彼のインタビューをまとめてみました。

2014.12.03
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優、武田真治

俳優、武田真治

出典:www.envy-j.com

俳優、武田真治

俳優、タレント、サックスプレーヤーと幅広く活躍している武田真治さん。
ドラマや舞台、映画でもよく見かけますよね。

筋肉が大好きな武田真治さん

出典:mottoimadoki.com

筋肉が大好きな武田真治さん

そんな武田真治さんですが、とっても美しい肉体をしているんです。
筋肉をテーマとした本も出版するなど、筋肉を愛していることがわかる彼のインタビューをまとめてみました。

筋肉トレーニングを始めるきっかけは?

トレーニングをはじめるキッカケは体調の不調であった。
「25歳のときに顎関節症と診断されました。お医者さんに身体全体の筋肉をつけるようにと言われました。身体全体でしなきゃいけないことを顎だけで受け止めちゃったので軟骨を擦り減らして骨と骨が当たって偏頭痛とかの症状が出るので身体全体に筋肉をつけることを勧められたのがはじまりです」

出典:武田真治に学ぶ体脂肪率6%のトレーニング|インライフ - 芸能人肉体改造

筋肉トレーニングする武田真治さん

出典:nikkan-spa.jp

筋肉トレーニングする武田真治さん

筋肉トレーニングメニュー

まず目に飛び込んできたのが大きく開いた胸元と袖から覗く逞しい指先だった。
筋肉の形がよく分かる。体脂肪率6%も頷ける。
鍛え抜かれた身体を維持するために自宅にバーベルセットがあるという。
「と言ってもベンチとバーベルがあるだけですが・・・」と軽く話してはいたが、ベンチプレスを週3回30kg、50kg、70kg、90kgを各々10回とさらに30kg100回を黙々とこなしているのだとか。

出典:武田真治に学ぶ体脂肪率6%のトレーニング|インライフ - 芸能人肉体改造

体脂肪率6%もうなずける武田真治さんの美しい筋肉

出典:www.gentosha.jp

体脂肪率6%もうなずける武田真治さんの美しい筋肉

自分の体重を持ち上げられれば上出来だとされるベンチプレスで「一発限定なら110kgも持ち上げられます」56kgと小柄な体ながら体重の倍近くも持ち上げてしまうそうだ。
週に2回15km75分を目標にジョギングしており、多忙でも週にベンチプレス3日、ジョギング2日とタフにトレーニングをしている。

出典:武田真治に学ぶ体脂肪率6%のトレーニング|インライフ - 芸能人肉体改造

筋肉トレーニングを10年以上続けている武田真治さん

出典:i.imgur.com

筋肉トレーニングを10年以上続けている武田真治さん

「筋肉痛は男のたしなみ」?

――筋肉痛は“男のたしなみ”なんですか!?

武田:はい。人間って重力の中で生きているから、常にどこかに負荷がかかっていて然りなんですよ。で、神様がそれを何かの形で僕らに教えようとしているんだと、僕は思っているんです。

出典:武田真治、男こそつねに「筋肉痛」を味わう必要がある | 日刊SPA!

女性には月に一回のものだったり、妊娠や出産だったり、何らかの「人としての痛み」みたいなものをちゃんと与えているのに、男性には何も与えていないんですよね。だから、男は何らかの痛みを自分でチョイスする必要があるんじゃないかなって。

出典:武田真治、男こそつねに「筋肉痛」を味わう必要がある | 日刊SPA!

――それが、トレーニングの後の筋肉痛だったりすると。

武田:ええ。ひとつの選択肢として、筋肉痛で済むなら、それでいいやと。胃が痛いとか、腸が痛いとか、臓器に関わる病的な痛みよりは、ずっといいなって。筋肉痛程度で“人としてのノルマ”を免除されるなら、多少キツくてもいいじゃないか……というのが僕の考え方です。与えられた肉体にはもともと時間や機能に制限があって、無限に浪費したり、酷使したりできるわけじゃない。神様は、それを「痛み」という形で思い知らせてくれているような気がして。

出典:武田真治、男こそつねに「筋肉痛」を味わう必要がある | 日刊SPA!

筋肉痛について語る武田真治さん

出典:xbody.org

筋肉痛について語る武田真治さん

武田真治さん曰く、筋肉痛は男のたしなみなんだとか。

筋肉の本を刊行した武田真治さん

武田真治さんの著書『優雅な肉体が最高の復讐である。』

そんな武田真治さんの筋肉に関する著書です、気になった方は是非読んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ