美のカリスマIKKOに習う、ナチュラル美肌メイクテクニック!

美容界のカリスマIKKOさんによるナチュラルで陶器のような肌作り法です。

美のカリスマIKKO

IKKO

ヘアメイクアーティストの経験を経て、現在は美容家として活躍。

「どんだけ〜!」でブレイクしたオネエキャラでも有名ですね。

「IKKO」は本名の「一幸(かずゆき)」の音読み「いっこう」に由来する。

出典:IKKO - Wikipedia

IKKOさんの豆知識。初耳でした。

とにかくすごい

美容家、ヘア&メイク、モデル、出版、、、

数えたらキリがありません。

高級美容室「髪結処 サワイイ」で8年間美容師としての修行
30代で「アトリエIKKO」を設立・主宰
常に数誌の女性誌の連載を抱えている
2006年10月より始まったおネエ★MANSに出演
「IKKO女の法則」「IKKOキレイの魔法」両著書が併せて30万部を突破
本業のみならずモデルにも挑戦

出典:IKKO - Wikipedia

そんなカリスマに習うメイク術!

まず化粧の前に

朝の忙しい時間に3~4分、メイク前に時間をとることで
化粧もち、ノリが全く違うのよ!

出典:IKKOさんから学ぶ!化粧が変わる!?「化粧前のひと手間」

ティッシュパック&首ホットタオル

*やり方*
洗顔後、化粧水を浸したティッシュでパック。
同時に、ホットタオルで首の後ろを温める。
1~2分置いて終了!



首の後ろを温めることで毛穴が開き易くなり、化粧水の入り方が変わるそう。

ティッシュパックは、乾く前に外すこと!!
ティッシュが乾いてしまうと、肌の水分まで奪われてしまうので注意!!
最後に美容液や乳液で保湿し保湿成分を閉じ込める。
ここで大切なのはハンドプレス!押さえ込む、押し込むようにプレスしてください★

出典:IKKOさんから学ぶ!化粧が変わる!?「化粧前のひと手間」

ティッシュパックする際のポイントです。

ファンデーションは男塗り!

時短・崩れない・ナチュラルの3拍子!

これはもう嬉しい事尽くし!

【1】リキッドかクリームファンデを、パール大くらい手のひらにとる。ちょっと多いかな?というくらいがいいそう。

【2】ファンデを両手ですり合わせながら、手のひらでなじませる

【3】化粧水を叩きこむように、ファンデーションを顔に叩きこむようなイメージでつける。決して伸ばさない。
この時に、ムラが気になる場合は、スポンジでなじませます。

【4】お好みでルースパウダーをつけ仕上げ。

出典:IKKO流メイクテク!おすすめのメイク方法をまとめました。 |...

BBや下地もあれば、混ぜちゃっていいそうです。

コンシーラーはリキッドタイプを!

おすすめはイヴサンローラン

ラディアントタッチ

叶恭子さんもオススメしているそう。

固形のコンシーラーはNG。肌にのせて時間が経つとガビガビになってしまいます。
目の下の皮膚は、たまごの殻の内側の膜と同じくらい薄いので、負担をかけるメイクは絶対NGだとIKKOさんも言っていました。コンシーラーは、リキッドタイプがおすすめのようで、気になる部分に薄くつけてやさしく伸ばすだけでOKだそうです。隠したい一心で厚塗りはダメですよ。どんだけ~。

出典:IKKO流メイクテク!おすすめのメイク方法をまとめました。 |...

5分で出来るスペシャルケア

はちみつパック

保湿効果が期待できるアミノ酸や、皮膚の新陳代謝を良くしてくれるビタミンがバランス良く含まれているはちみつは、お手軽にできて、効果のあるスキンケア。

【1】はちみつを大さじ1杯程度手に取る

【2】手で温めながら顔になじませる。
あごからこめかみに向かって、上に引き上げるように顔全体になじませるのがポイント。

【3】肌を持ちあげながら5分程度マッサージ。

【4】洗い流すだけ。

出典:IKKO流メイクテク!おすすめのメイク方法をまとめました。 |...

このあと2〜3分ラップパックをしても良いそう。
はちみつはさらさらのものより固めのものを!

【番外編】アイメイク

ゴールド×ブラウンでホリの深い顔に

1.ゴールドのシャドーを瞼全体に。
2.濃いブラウンを左図の赤い部分に。
3.目尻の下部分に明るめのブラウンを。

この3ステップでゴージャスでホリの深い目元を演出できるそう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ