【離婚!?】結婚10年目の出川哲朗 原因は何?

出川哲朗に離婚話が出ているので噂の状況や、出川哲朗の結婚話などをまとめました。

shino
113,419view
0

出川哲朗について

リアクション芸の出川哲朗!

生年月日:1964年2月13日
出身地:神奈川県横浜市神奈川区
血液型:B型
身長:159.5cm
最終学歴:横浜放送映画専門学院演劇
事務所:マセキ芸能社

『抱かれたくない男No.1』の出川哲朗結婚!!

出川哲朗2004年に結婚

お相手は元ファッションモデルでレースクイーンの阿部瑠理子。身長が168cmの長身の奥さんを持つことになった。

出川哲朗が4年間同棲し、振られてしまった彼女を吹っ切るための特番が「ロンドンハーツ」で放送されたなりが、それをたまたまテレビで見ていた阿部瑠理子さんが出川哲朗の純粋さに心打たれ、その後共通の友人を介して二人は出会うことに。つまり、二人の馴れ初めのきっかけが「ロンドンハーツ」だったということで、ロンドンブーツ1号2号の田村淳の提案により、プロポーズを中継させてもらう代わりに、ローマでのプロポーズを番組がセッティングするという企画を出したわけなり。出川哲朗はそれに乗ったかたちになるなりね。

出典:「抱かれたくない男No.1」出川哲朗が結婚会見。

二人の馴れ初めのきっかけはロンハ―。

しかし10年で結婚生活は破綻!離婚の話が出ている

せっかく結婚できたのに!?出川哲朗離婚危機

ロンハ―で幸せな結婚が出来たはずなのに、離婚危機が襲ってきた。

マンション住民からは「結婚3年目あたりから瑠理子夫人の姿は一切、見かけなくなった」という話が聞かれている。
 マンション周辺を取材した週刊誌記者も「深夜、出川がひとりで近くのコンビニに出かける姿は何度も目撃されているのに、奥さんの目撃情報はおろか、周辺で付き合いのある人が一切なし。愛車のポルシェで出かけるのも、いつも出川ひとりだというので、どう見ても別居中なのでしょう」と話している。

出典:まるで都市伝説?...

別居が始まっているということで離婚までの距離は長くはないのかもしれない。

離婚となりうる原因は一体なんだ?

出川哲朗の離婚の原因となるものは何だろう?

既に長期の別居状態の出川哲朗。
離婚の原因となるものとして、結婚当初からの不仲というものがあるらしい。

テレビ番組で奥さんが出川さんのことをくそてつ君と呼んでいるという話をしていましたがびっくりですよね!


そんな出川哲朗さんとお嫁さんですが、過去に出川哲朗さんと仲の良い芸人の有吉さんが、嫁が『あなたの遺伝子はいらない』と出川さんに言っていたことを暴露しています。

また、出川哲朗さんも『ガチでリアルなやつ』と突っ込みを入れていることから本当のことなんでしょうね。

出典:出川哲朗と嫁の間には子供がおらず不仲疑惑?!美人な嫁の気になる画像は?!

離婚となりそうな原因が不妊とも言われている。

出川哲朗の離婚の原因となりえるものは他にもある

『くそてつ』と呼ばれている、子供はいらない、の他にも離婚の原因となるものは存在している。

さらに嫁の瑠理子さんは占いにはまっているらしく、ある占い師に休日の過ごし方や、家具の配置などをアドバイスされると、実践したのだが出川哲朗はこれに激怒し、二人の仲は冷め切っているという噂だ。

出典:出川哲朗が結婚した嫁と子供は?年収と伝説の名言?ヤンキー時代画像

妻瑠理子さんの占いへの傾倒かもしれません。

実は嫁がそもそも存在しないのではないかという説

出川哲朗の嫁は存在しない!? そんな噂も存在している

芸能界では誰も出川哲朗の嫁を見たことがないという。
そこで一部ではそもそも存在してはいないのではないかという話も出ている。

「出川さんの奥さんは、何が目的で結婚したのか分からない。(出川には)そんなに財産も無いのに。」と毒舌を吐く、有吉。千秋は、今年のお正月にハワイに行ったとき偶然に飛行機の席が出川と隣同士だったと語り、彼はひとりだったという。可哀想だったので、ハワイで一緒に食事をした―と話す千秋。「前も奥さんに“ニューヨークは寒いから、行かない。”って断られて、一人で行ってたんだよ。ヘンなの。」

出典:【エンタがビタミン♪】“怪”...

さすがに元からいないということはないだろうが、表に出てこなければ、このような話が出ても不思議ではない。

出川哲朗の今後は?幸せな結婚生活は取り戻せるのか?

長期の別居中は確実!?これから離婚協議か?

今後はもしかしたら正式に離婚の報道がされるかもしれない。
これからの動向に注目だ。

おまけ動画

リアクションの殿堂 ~遺作~

リアクション芸人としての姿を観ることが出来ます。

超 オモロ 出川哲郎の新春かくし芸

とても面白い動画になっています。

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ