優勝請負人・工藤公康が遂に監督へ?現役時代の成績に申し分なし

CSの途中ですが、監督交代の話題が持ち上がってきていますね。コーチ経験はないですが、工藤公康が監督って考えるとちょっとわくわくします。

LightsOut
2,304view
0

工藤公康さん

来季のソフトバンク監督候補となる!

ソフトバンク・王貞治球団会長(74)が16日、ヤフオクドームを訪れ、15日に東京都内で、今季限りで退任する秋山幸二監督(51)の後任候補、工藤公康氏(51)と会っていたことを認めた。

 「あくまで別件でね」と多くは語らなかったが、会談を持ったことは否定しなかった。球団OBでもある工藤氏に対して監督就任の打診を行ったもようだ。

出典:ソフトB・王球団会長、次期監督候補の工藤公康氏との接触を認める(サンケイスポーツ)...

監督としての実力はいかに?まとめてみました!

現役時代の実績は申し分なし!

<成績>
左上投 実働29シーズン
635試合登板 116完投 24完封勝利
224勝 142敗 5引分 3セーブ
勝率.612 打者13890 投球回数3336.2 3056被安打 362被本塁打
1128与四球 43与死球 2859奪三振 1279自責点 防御率3.45
平均投球回数 5.25 救援登板率 25.7% 奪三振率 7.71

出典:[BRM] 選手成績 - 工藤 公康 : プロ野球記録博物館

その他、リーグ優勝14回、日本一11回という脅威的な記録も持っています。

西武・ダイエー・巨人で日本一に導いた優勝請負人!

数度のリーグ優勝と日本一に。約10年間チームに貢献し、多くのタイトルを獲得する

1985年に初タイトルとなる最優秀防御率を獲得して以降、最優秀防御率・勝率、最多勝・奪三振など数多くのタイトルも獲得をする。

移籍したダイエーでは投手の柱として活躍をし、西武黄金時代の秋山幸二と共に、ダイエーの再建をする

出典:pbs.twimg.com

移籍したダイエーでは投手の柱として活躍をし、西武黄金時代の秋山幸二と共に、ダイエーの再建をする

キャッチャー城島健司を、一流選手へと育て上げる

出典:pbs.twimg.com

キャッチャー城島健司を、一流選手へと育て上げる

打たれるとわかっていても、城島のサイン通りに投げる、などマウンドにたちながら当時の若手キャッチャーであった城島を育てる。
その手腕は、彼のその後をみれば疑いようもないものとなった。

プロ通算200勝の大台を達成する

出典:pbs.twimg.com

プロ通算200勝の大台を達成する

巨人に移籍後も、勝利数を積み重ね、遂には名球会入りの条件にもなっている200勝を達成する。
さらに、40歳を超えても、現役にこだわる姿勢をみせる。
その後横浜などを渡り歩いて、48歳まで現役生活を続けた。

独自の野球理論をもっている解説者として活躍中

今年のCSの注目点だけではなく、シーズンを通して独自の解説視点や、野球全般について視聴者にもわかりやすい解説を行っている。

現役の通算成績では申し分のない工藤公康。
果たして、他の西武黄金時代の人と同様に、輝かしい成績を収めることができるのだろうか。

一方、コーチ経験もない工藤公康に不安の声もあるが・・・

喜多野土竜(心機二転三転)
@mogura2001

◉工藤氏 ソフトバンク新監督受諾 王球団会長が都内で正式就任要請 : 鷹速@ホークスまとめブログ http://t.co/vHA9RCJDrT 小久保監督へのつなぎにしても、コーチ経験ないスター監督じゃなぁ。工藤の投球理論は好きだけど。城島に釣りを辞めさせられたらスゴイが。

限・秋山ソフトバンク監督もコーチ経験無しからの抜擢

過去の監督を調べてみると、コーチ経験がない監督も一定数いるようです。

野球ファンからは賛同を受けているよう

S-J
@go_dow13

ソフトバンクが工藤氏を監督に据えるということで、その目付けに楽天退団の佐藤義則氏を呼ぶという編成に出ているようで流石ソフトバンクだと関心。彼もまた賛否両論ある人物であるが、その実績が物語り育成最先端のソフトバンクが呼ぶほど評価は高い。イエスマンにならない所、カープにも欲しい存在。

りっぽりー(岩間)
@Iwamaaa0114

ソフトバンク監督に工藤?最高やん!これで熱闘甲子園はじめいろんな番組で、「最後は気持ち」とかいう説得力が 全くない熱き野球論を聞かんでよくなる。古田とかに工藤枠を引継いでもらいたい。

Re:ぴ〜ちくぱ〜ちく
@dream12890731

広島は緒方監督やしソフトバンクは工藤監督か!!?? 現役を知ってる人が監督になるって時代の流れを感じるね

監督としても優勝請負人となれるのでしょうか?
今後の動向に期待大です!

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ