かっこかわいい♡小池徹平の出演映画まとめ【ホームレス中学生/ごくせん/サラリーマンNEO】

小池徹平といえばかわいい系の童顔男子として人気をあつめた俳優です。そんな小池徹平の出演映画をまとめました。

2016.04.29
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優や歌手として活躍する小池徹平

可愛らしいルックスで女性からの人気が高い小池徹平

そのルックスをいかして今まで様々な活動を行ってきました。

ウエンツ瑛士とのデュオ「WaT」でも人気を博した小池徹平

2002年に結成した「WaT」は2015年に解散してしまいましたが、多くの人に愛されていました。

俳優としても話題作に出演している小池徹平

ドラマ「ごくせん」や「シバトラ」などで話題になりました。

そんな小池徹平の出演映画を紹介します!

小池徹平の出演映画まとめ

誰がために(2005年)

巨匠黒木和雄の助監督として活躍していた日向寺太郎の初監督作「誰がために」

暴力で支配されている時代に生きる人々の生と死、愛について描いた社会派ドラマです。小池徹平は主人公の妻で妊娠中だった亜弥子を殺してしまう少年である山岸達也役を演じました。

理解しがたい暴力が横行する時代に、生と死、そして愛の意味を問う社会派ドラマ。

出典:誰がために - 作品 - Yahoo!映画

ラブ☆コン(2006年)

中原アヤ著の大人気漫画を実写映画化した「ラブ☆コン」

身長の低い男子学生と身長の高い女子学生の恋愛を描いた作品です。小池徹平はこの作品で初主演を務めました。

『ラブ★コン』は、背の高い女子と背の低い男子が主人公の、学園ラブコメドラマ。ヒロインのリサ(藤澤恵麻)も、その相方の敦士(小池徹平)も、それぞれ身長を理由にフラれた経験者で、ヒジョーにコンプレックスに思っている。

出典:超映画批評『ラブ★コン』85点(100点満点中)

KIDS(2008年)

乙一の短編小説「傷 -KIZ/KIDS-」が原作の映画「KIDS」

人の傷を自分の体に移すことができる特殊な能力を持つ少年と、孤独な青年の友情を描いた作品。特殊な能力をもつ少年を小池徹平が演じ、孤独な青年の役を玉木宏が演じました。

ダブル主演を果たしたのは、映画やテレビ、CMなどで人気の小池徹平と玉木宏。純粋であるがゆえに、人の傷を背負ってしまう難役に挑んだ小池が、アイドルから俳優として新境地を開いている。

出典:解説・あらすじ - KIDS - 作品 - Yahoo!映画

ホームレス中学生(2008年)

お笑い芸人である麒麟の田村裕の自叙伝を実写映画化した「ホームレス中学生」

普通の毎日を送っていた少年がある日突然家族が離別し、路上生活を送ることになった波乱万丈な毎日を描いています。小池徹平は主人公である田村裕を熱演しました。

お笑いコンビ、麒麟の田村裕のベストセラー自叙伝を映画化した感動ドラマ。一家離散によって路上生活を強いられた主人公の波乱万丈な青春時代を、笑いと涙たっぷりにつづる。

出典:ホームレス中学生 | Movie Walker

ごくせん THE MOVIE(2009年)

事実上の「ごくせん」シリーズ最終回である「ごくせん THE MOVIE」

ドラマ第2シリーズで出演した小池徹平。この映画では構成してサラリーマンとして働く姿が描かれました。

7年間にも及ぶシリーズの集大成として完結編となる本作は、第2シリーズ卒業生の亀梨和也、第3シリーズの卒業生の三浦春馬らが再びヤンクミと3年D組の生徒たちの前に姿を見せ、フィナーレを盛り上げる。

出典:解説・あらすじ - ごくせん THE MOVIE - 作品 - Yahoo!映画

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(2009年)

ビジネス論の書籍を実写映画化した「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

タイトルはインターネットの電子掲示板である2ちゃんねるのニュース速報(VIP)板のスレッドのタイトルからとっています。小池徹平はこの作品でブラック企業に務める主人公を演じています。

インターネットの掲示板2ちゃんねるに書き込まれた話題の実体験を基に映画化した問題作。ニート青年が社会に飛び出し、いきなりブラック会社と呼ばれる問題企業で孤軍奮闘する様子を面白おかしく描く。

出典:ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない - 作品 - Yahoo!映画

サラリーマンNEO 劇場版(笑)(2011年)

「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」

あまり焦点があてられていなかったサラリーマン社会をネタにしたコントを中心に構成している映画。小池徹平はこのサラリーマンシリーズに新入社員としてこの作品で初出演しました。

サブイボマスク(2016年6月公開予定)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ