モハメド・アリの対アントニオ猪木戦から、心に響く名言、現在の様子までまとめ

元プロボクサーのモハメド・アリ選手、彼の心に響く名言から、対猪木戦、現在の様子まで情報をまとめてみました。

エンディ
8,383view
0

モハメド・アリの名言まとめ

モハメド・アリ

出典:www.jiji.com

モハメド・アリ

ファイティングポーズをとるモハメド・アリ選手。
元世界ヘビー級チャンピオンである彼。

今回は、モハメド・アリ選手の名言から、世紀の一戦であるアントニオ猪木選手との戦い、現在の状況までをまとめてみました。

不可能とは、
自らの力で世界を切り拓くことを
放棄した臆病者の言葉だ。

不可能とは、
現状に甘んじるための
言い訳に過ぎない。

不可能とは、
事実ですらなく、
単なる先入観だ。

不可能とは、
誰かに決めつけられることではない。
不可能なんてありえない。

出典:モハメド・アリの名言 | 地球の名言

モハメド・アリの名言の一つ「不可能はない」

画像にもあるように「IMPOSSIBLE IS NOTHING.」。
「不可能はない」の名言が有名ですよね。

人間が困難に立ち向かう時、

恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。

私は私を信じる。

出典:モハメド・アリの名言・格言。不屈の魂の言葉 | 癒しツアー

想像力のない奴に、翼は持てない。

出典:モハメド・アリ名言・格言集(英語・英文と和訳) | 名言+Quotes

50歳の時点で、20歳のときと同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。

出典:モハメド・アリの名言・格言|50歳では20歳と違う風に世界が見える

人種差別と戦ったモハメド・アリ

アフリカ系アメリカ人ということで、差別を受けたモハメド・アリ選手は、22歳でイスラム教に入信しリングネームを変えます。
以下は、徴兵を拒否した際の名言の数々。
リング外、人種差別とも戦ったモハメド・アリ選手の言葉は、重く心に響きます。

私が心から恐れるのは神の法だけだ。

人が作った法はどうでもいいと

言うつもりはないが、

私は神の法に従う。

何の罪も恨みもないべトコンに、

銃を向ける理由は私にはない。

出典:モハメド・アリの名言・格言。不屈の魂の言葉 | 癒しツアー

「黒人の徴兵率は30%。白人は10%。なぜだ?」

出典:モハメドアリがベトナム戦争徴兵拒否の際に言った名言をお願いします - Yahoo!知恵袋

いかなる理由があろうとも、

殺人に加担することはできない。

アラーの教えに背くわけにはいかない。

出典:モハメド・アリの名言・格言。不屈の魂の言葉 | 癒しツアー

「オレたち黒人が戦うべき本当の敵はベトコンじゃない。日本人でも中国人でもない。300年以上も黒人を奴隷として虐げ、不当に搾取し続けたお前たち白人だ!」

出典:モハメドアリがベトナム戦争徴兵拒否の際に言った名言をお願いします - Yahoo!知恵袋

モハメド・アリ対アントニオ猪木の伝説の一戦

モハメド・アリ対アントニオ猪木

1976年に行われた「モハメド・アリ対アントニオ猪木」の一戦。
世紀の一戦と騒がれたこの試合について情報をまとめてみました。

新日本プロレスの企画した「格闘技世界一決定戦」の内の一試合。当時の日本のプロレス界のエースであるアントニオ猪木と、ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリによる世紀の一戦と騒がれた。試合会場は日本武道館。

出典:アントニオ猪木対モハメド・アリとは - Weblio辞書

キックを繰り出す猪木とそれに耐えるアリ

禁止ルールで縛られた猪木選手はアリ選手へキックで応戦、のちに「アリキック」と呼ばれたこの戦法。
ガチガチのルールで縛られた「世紀の一戦」は引き分けで幕を閉じたのでした。

試合開始のゴングと共に、タックル、チョップ、投げ技、関節技などを禁止された猪木はアリの足元にスライディングをして、アリを転倒させる作戦に出たが失敗。それから猪木は幾度となくリングの上に寝転がり、アリの足を集中的に蹴った。そんな猪木の攻め方に、少し苛立ちを感じたアリは猪木に立つように挑発。猪木も何度か立ち上がりはしたものの、またアリの足を狙いに寝転がった。 猪木の蹴りによるダメージは確実にアリに蓄積していたが、試合中では足の痛みを晒け出すことなく常に軽やかなステップを踏み続けた。

出典:アントニオ猪木対モハメド・アリ - Wikipedia

プロレスvsボクシング。総合格闘技といった概念がなかった中で行われた試合は、今でも“リアルファイトか否かの論争”が尽きない。

~中略~

 アリキックに終始した猪木の闘い方。当初は酷評されたものだが、出てきたのが「がんじがらめのルール」存在説。アリ陣営が猪木のあらゆる攻撃を嫌がり、最終的に猪木があらゆる攻撃を禁止されたという。活路を見出すにはアリキックしかなかったという点で、猪木の戦法や試合実現を評価しているのが一般的な見方となる。

出典:アントニオ猪木vsモハメド・アリ「格闘技世界一決定戦」が初DVD化~集英社が権利関係...

モハメド・アリの現在は?

モハメド・アリがロンドンオリンピックの開会式に登場

世界的有名選手モハメド・アリ。
試合のケガが元で発症した「パーキンソン病」に苦しむと言う彼ですが、2012年にはロンドンオリンピックの開会式に登場。

現在は、パーキンソン病で介護を受けているそうです。。。

 アリは40代前半で手足の震えや言語障害が目立ち始め、神経難病の「パーキンソン病」と診断されます。それでも1996年のアトランタ五輪では、聖火ランナーの最終走者として震える手で聖火台に点火し、世界中に感動を与えました。

 そして先日閉幕したロンドン五輪では、16年ぶりに開会式に登場、五輪旗を運ぶ大役も務めました。テレビでご覧になった方も多いでしょうね。

出典:モハメド・アリの生き様を見よ!

米国の伝説的ボクサー、モハメド・アリ氏(71歳)は最も困難な敵――パーキンソン病と闘い続けている。

~中略~

アリ氏は現在、パーキンソン病の末期で24時間介護を受けているが、人柄は変わらず、悲観的な様子はみられないという。相手の目を見てうなずき、少し話せることもある。「アリゾナ州、ケンタッキー州、ミシガン州にある自宅間を移動し、野球を見に行くのも好き。生活を楽しんでいる」と、メイメイさん。自身も父親と過ごす時間を楽しんでいるという。(HealthDay News 5月3日)

出典:モハメド・アリ氏の長女がパーキンソン病の啓蒙活動(2013.5.16掲載)

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ