【カンボジア国籍】マラソンランナー猫ひろしのカンボジア国籍を取得してから現在!

日本出身のお笑いタレント『猫ひろし』。背が小さく『ラッセーラー・ラッセッラー、ポーツマス・ポーツマス、にゃー』などのギャグを持ちテレビ番組によく出演していた、しかし彼はマラソンに目覚めマラソン選手になるべくカンボジア国籍を取得した。

猫ひろしハーフマラソンで好成績!

カンボジア国内ハーフマラソンで3位をとった猫ひろし

2010年12月にカンボジア国内でのハーフマラソンで3位になったことが評価され、同国政府などから国籍を変更しての五輪挑戦を打診された。

カンボジア国籍を取得した猫ひろし

カンボジア人になった猫ひろし

オリンピックマラソンの選手になるべく、カンボジアに国籍を移した猫ひろし。

2007年には一般の女性と結婚していて2011年には女児がうまれています。嫁と子供はもちろん日本国籍のままですがカンボジアに一緒に行っているのかというと嫁と子供は日本で暮らしているようです。猫さん自身も日本での仕事が多いのでカンボジアで嫁と子どもが暮らすとなると大変なのも目にみえていますので日本で暮らして猫ひろしさんだけが単身赴任という形をとったんでしょうね・・・

出典:猫ひろしの現在は!国籍はカンボジアなのか!嫁と子供は一緒に暮らしているの?

猫ひろしは結婚していた!!しかも、子供もいたんですね~。
でも、自分ひとりだけカンボジア国籍になり、カンボジアに住むのは寂しそうですよね・・・。

オリンピックマラソン出場をかけて・・・

カンボジア代表としてオリンピック出場決定!!

カンボジア国籍を取得してロンドン五輪出場を目指すタレントの猫ひろし(本名滝崎邦明)(34)が男子マラソンの同国代表に決まった。カンボジア・オリンピック委員会のワット・チョムラーン専務理事が25日、明らかにした。他の競技の代表とともに4月に正式発表する見通しという。
五輪の陸上では、参加標準記録を突破した選手が1人もいない国・地域は、男女1人ずつがいずれかの種目に出場できる「特例」がある。カンボジアはこれに該当し、猫は自己ベストが2時間30分26秒で標準記録に届かないものの代表に選ばれた。

出典:猫ひろしカンボジア五輪代表に決定!

念願のオリンピック出場決定~!!!!参加標準記録を突破した選手がいない国・地域から陸上のいずれかの種目に出場ができる『特例』という制度があるなんて知りませんでした・・・。

オリンピック出場許可されず・・・

一度はカンボジアオリンピック委員会から出場決定の知らせを受けていたが、国際陸上競技連盟側がそれを許さなかったことになる。カンボジアオリンピック委員会と国際陸上競技連盟の双方が認めないと出場できないわけで、猫さんにとってショックな出来事といえよう。

出典:【速報】猫ひろしロンドンオリンピック出場ならず! 国際陸上競技連盟が「出場資格なし」と決定

そんなきまりが・・・・。
カンボジアオリンピック委員会からは出場決定と知らせがきたのに・・・・。こんなことが起こるんですね。国際競技連盟の許可がおりないなんて可哀想です・・。

カンボジアで初優勝!!!!

カンボジアでは初となる公式フルマラソン大会『第1回アンコールエンパイヤ国際フルマラソン&ハーフマラソン』に出場。猫と同じく『アジア大会』に出場し、同国内最高記録(2時間23分29秒)を持つヘム・ブンティン選手を破り、優勝を果たした。

出典:猫ひろし カンボジア大会優勝 - Yahoo!ニュース (2014年8月17日(日)掲載)

す!ご!い!カンボジア初のフルマラソン大会で優勝するとはさすが!!オリンピックを目指していただけありますよね~!!!

カンボジア国籍を取得してから、マラソンに集中!!

今後は、アジア大会にカンボジア代表として出場する予定。猫さんには今後の活躍にも期待したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ