【日本文学の巨人】松本清張原作ドラマ・代表作品まとめ【砂の器・ゼロの焦点など】

松本清張原作のドラマ。その数、400本以上!! 作者が亡くなってもなお、ドラマ化、映画化され、たくさんの人に愛される松本清張さんの代表作をまとめました。

日本文学の巨人 松本清張

推理小説家 松本清張

40代半ばから作家活動をはじめた遅咲きの偉人。

普段着は大体着物だった松本清張

普段から着物で暮らしているなんてまさに小説家!!
趣味はパチンコ。好きなものはカメラとお菓子のかるかん。執筆に使う万年筆にはこだわりを持っていた。

松本清張記念館

福岡にあります。

松本清張はあらゆる規範をこえた作家である。日本の文学史上初めて出現した多様にして明確な個性を有する作家ということができる。
芥川賞を受賞した「或る『小倉日記』伝」が本来は直木賞の候補作だったという経緯が示すように、一つの型に分類することが不可能な大きさを持った文学者だった。「脱領域の文学」と評される萌芽を出発から胚胎していたのである。
作家としては異例の四十二歳からのスタートであったが、新しい物語性と平明さが多くの読者に支持され、『点と線』『眼の壁』などが空前のベストセラーとなった。

出典:松本清張について-全力で駆け抜けた巨人 松本清張-松本清張記念館公式ウェブサイト

松本清張のおすすめ代表作

松本清張の芥川賞受賞作「或る『小倉日記』伝」

身体が不自由で孤独なある青年が小倉在住時代の森鴎外を追究するお話。

松本清張 著「張込み」

体を壊して、
人生をあきらめていた殺人犯を追う刑事が主人公の物語。

松本清張 著「わるいやつら」

お医者さんの話です。

医学界の重鎮だった亡父の後を継ぎ、病院長となった戸谷(とや)信一は、熱心に
患者を診療することもなく、経営に専心するでもない。
病院の経営は苦しく、赤字は増えるばかりだが、彼は苦にしない。
穴埋めの金は、女から絞り取ればいい……。
色と欲のため、厚い病院の壁の中で計画される恐るべき完全犯罪。
さらなる「わるい」やつがすぐ近くにいることを知らずに―。

出典:BS日テレオリジナルドラマ  松本清張 「わるいやつら」

松本清張 著「点と線」

わりと短いお話なので読みやすいです。

ある男女の心中死体が見つかりました。事件性はないように思われましたが、男が「御一人様」と書かれた列車食堂の伝票を持っていたことが、一人の刑事の心を悩ませます。

心中するほど愛し合っていた二人。男が食堂に行くなら、女はたとえ食欲はなくとも、コーヒーぐらい付き合いそうなものではないか?

刑事たちの懸命な捜査によって、二人の心中が実は殺人事件かも知れないということが見えて来たのですが、容疑者らしき人物には、鉄壁のアリバイがあって・・・。

出典:『松本清張『点と線』』

合計400回以上!!毎年映像化され続ける松本清張原作のドラマ

松本清張原作ドラマ「砂の器」

過去5回ドラマ化!!
玉木宏主演。

有名なピアニストの幼少期の話です
父親がらい病で各地を2人でさまよいますが
差別され どこでも追い出され 瀕死の所をある駐在員に助けられ 父親は病院に入れてもらえて 自分も面倒みてもらって
大人になり 音楽家 わが(偽名) を名乗り成功します。
自分の過去を知るその駐在員を殺してしまうのです。
そのトリックを暴く刑事とわがえいりょう の戦い

出典:松本清張の砂の器って、どんなストーリーなんですか? あらすじでかまいません。 ......

松本清張原作ドラマ「ゼロの焦点」

出典:dogatch.jp

松本清張原作ドラマ「ゼロの焦点」

長編ミステリー。
松本清張さんの作品の中でも人気を誇る小説です。

新婚まもなく夫が失踪。行方を追った若き妻の前に立ちはだかる完全犯罪の謎とは!?事件の鍵を握る3人の女性は何を見たのか?松本清張の醍醐味が味わえる最高傑作のドラマ制作陣には、映画化された時の監督・野村芳太郎が監修にあたり、脚本は同じく映画のシナリオを執筆した橋本忍、山田洋次らが担当。また事件の鍵を握る3人の女性を、大谷直子、竹下景子、星野知子らが華麗に競演!北陸を舞台に繰り広げられる完全ミステリー、そして予想だにしない衝撃的結末など見どころ満載のドラマだ。

出典:松本清張のゼロの焦点|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

松本清張原作ドラマ 2014年「強き蟻」

米倉涼子 主演。

2:59 【米倉涼子】 7月2日(水)夜9時放送 「特別ドラマ 『強き蟻』 記者会見」

【米倉涼子】 7月2日(水)夜9時放送 「特別ドラマ 『強き蟻』 記者会見」

没後20年以上たっても、未だにドラマ化、映画化が繰り返される松本清張さんの作品達。
興味がある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ