佐々木健介のイクメン・愛妻家エピソードまとめ【育児は母乳以外全部】

かつては恐妻家としてテレビ出演が増加した佐々木健介。そんな佐々木健介にもイクメンパパ・愛妻家としての一面があるんです。今回は佐々木健介のイクメン・愛妻家エピソードをまとめました。

きよし
667,956view
0

鬼嫁の夫として有名な佐々木健介

妻は鬼嫁・北斗晶

佐々木健介同様、元プロレスラーの北斗晶。テレビなどで佐々木健介を尻に敷く鬼嫁っぷりを見かけることも多いですね。

かつては鬼嫁の夫としてテレビ出演が増えたこともあった佐々木健介ですが、最近はイクメン・愛妻家キャラのイメージも定着してきています。

今回は、佐々木健介のイクメン・愛妻家エピソードを紹介します。

佐々木健介のイクメン・愛妻家エピソードまとめ

「母乳以外は全部やった」佐々木健介のイクメンっぷり

僕、育児に関しては全てやってましたよ(笑)
唯一やれてないのは母乳をあげることくらい。でも、1回だけトライしたことがあるな(笑)
おっぱいのところに持っていくんだけど、おっぱいが出ないから嫌!ってされちゃったけどね(笑)

出典:第5回...

ガタイいいのでおっぱいありそうですがやっぱり母乳は出せません。ですが、なんでもトライしてくれるのは奥さんとしてもうれしい限りですよね。

赤ちゃんが夜中起きたら嫁といっしょに起きて手伝う

赤ちゃんを育てる上で大変な「夜中のお世話」

昼は家事もしなければならないお母さんにとって、体力的にも負担がかかる夜中のお世話。佐々木健介は夜中ちゃんと起きてくれて、一緒にお世話を手伝っていたそうです。

子どもが生まれる前に、友達にいろいろ聞いたんですよ。
そしたら、子どもが生まれたら夫婦の寝室を別にしてるという話をいろんな人から聞いたんだよね。

それを聞いて、「僕は別々ってなんか嫌だなぁ」と思ったから、同じ部屋で寝起きをしようと決めて、そういう生活をしました。
赤ちゃんは2,3時間置きにおっぱいが欲しくて泣くじゃないですか?そういう時間を奥さんに任せるのではなく、おっぱいあげられなくても一緒に起きて、僕はオムツを替えたりしてましたね。
だから、あの頃は本当に寝不足だったな(笑)

出典:第5回...

「自分のやりたいことをやるのは、子育てが終わってからで十分」

健介さんは、お子さんが生まれた時、オムツ替えからミルク、沐浴、夜泣きのあやし、離乳食まで、子育てに100%のエネルギーを注いだ。2人の息子さんの学校行事への出席率はほぼ100%。休日に仕事は入れない主義で、友人との飲み会のようなプライベートの用事も一切入れない。

「自分のやりたいことをやるのは、子育てが終わってからで十分かな。今は自分のためより、子供との時間を大切にしたい」。

出典:「可能性を広げるのが親の役目」佐々木健介流・子育て論 | FQ JAPAN...

子育てにしっかりと力を注いでいる素晴らしいイクメンパパ!

「死ぬまで奥さんと離れることはない」

僕ね、初めて会った瞬間に「あ、この人と結婚する」って思った時から、死ぬまで奥さんと離れることはないと思ってるんです。
だから、どんなことがあっても2人で一緒に乗り越えていきたいと思ってるし、そのためには全力を尽くします!

出典:第6回 死ぬまで奥さんと離れることはないと思ってるんです |...

仕事がなくて、お金もなくて、タンスの中の小銭を探すような時があったんです。
そんな時、チャコが「なんとかなるさ!」って笑ってくれたんですよ。
普通だったら、「なんでこんな生活なの?」とか怒られるような状況なのに、笑ってくれたんです。

その頃は僕にとってはまさにどん底だったんだけど、その状況を笑いながら「なんとかなるさ!」と言ってくれた時に、「あぁ、僕たちは家族になったなぁ」と感じましたね。
そう言ってくれる気持ちに応えなくちゃいけないなぁと強く思ったんです。

出典:第6回 死ぬまで奥さんと離れることはないと思ってるんです |...

仕事もお金もないという困難も二人で乗り越えて今に至ります。

夫婦愛を確かめるドッキリに感動の声!

まりあ
@mra_117

YouTubeで佐々木健介、北斗晶夫妻のドッキリ見てて「奥様がいなくなったらどうされますか?」っていう質問に対してめっちゃ泣きそうな目で「俺生きていけない」ってなんかもう理想な夫婦😭こんなこと言われたいわー!!! https://t.co/3NNRSQMkLm

北斗晶が逮捕されるドッキリで佐々木健介がマジギレ!!

妻・北斗晶が傷害の容疑で逮捕されたとき、夫・佐々木健介はどうするのか!?というドッキリでした。

いまいしゅん
@imasun12

佐々木健介と北斗晶のドッキリめっちゃ感動する😭 最近涙腺が緩んできてるかもしれないな笑

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ