【発明家】トーマス・エジソン 【発明品】一覧

稀代の発明家として広く知られているエジソン。現在普及している製品の中には彼の発明品も多く含まれている。そこで今回は、エジソンの発明品を紹介していく。

2016.02.04
このエントリーをはてなブックマークに追加

トーマス・エジソン(1847~1931)

トーマス・エジソン

発明家といえば真っ先に名前が挙がるのがエジソン。彼の発明品の数々を紹介する。

主な発明品一覧

1.株式相場表示機

エジソン、株式相場表示機で大儲け

1869年に株式相場表示機を発明(実際には以前からあったものを大幅に改良)。この特許が4万ドルで買い取られる。本人は5000ドルで売るつもりだったらしいが、当初の想定の8倍で売れたことに心臓が止まるかと思うほど驚いたらしい。

2.蓄音機

エジソン、蓄音機を発明

1877年に蓄音機の商品化で名声を獲得する。音を記憶する装置自体はその20年程前に別人によって発明されていたが、エジソンなどの改良によって音の再生もできるようになり普及する。広義での蓄音機の発明はエジソンによるもの。

3.電話機

電話機の実質の発明はエジソン!?

通説では電話機の発明者は別人とされているが、炭素粒を用いたカーボンマイクの採用や誘導コイルによる送話距離を伸ばしたのはエジソンだ。電話機の発明を巡っては多くの人と争った。

4.電球

電球の発明はエジソンじゃない!?

厳密には「電球の発明者」ではなく、電球を改良して「電灯の事業化に成功した人」とされる。白熱電球の発明をしたという話が知られているが、それは誤り。だが、家庭への普及につなげたのは紛れもなくエジソンだ。

5.発電機

エジソン、発電機を発明

1880年に発電機を発明したエジソン。それは定電流式直流発電機というもの。しかし、交流式の電流に評価が劣ってしまう。交流式の方が電流と電圧の変換が自由にでき、長距離への送電でも電気の損失を減らせるというメリットがあったからだ。

6.トースター

トースターを発明したのはエジソンだった

エジソンの功績により家庭への送電、配電事業化に成功したが、電球だけでは電気事業の立ち上げが不十分だったので、電気の使い道を増やすための一環としてトースターを発明したそうだ。1910年のことである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ