【心にしみる】マザー・テレサの名言集

1979年のノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサ。彼女の名言は多くの人に勇気や考える事を教えてくれる…。その名言をまとめました。

いのっち
7,933view
0

マザー・テレサの言葉は愛があふれている

カトリック教会の修道会を導くマザー・テレサ。

貧しい人々や体の不自由な人々のために働くことを志した

修道会は、飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働くことを志した。

出典:マザー・テレサ - Wikipedia

偉業ですね。

マザー・テレサの言葉は、まさに神の代弁のようだ。

出典:shion-co.jp

マザー・テレサの言葉は、まさに神の代弁のようだ。

マザー・テレサの名言 ~ 愛について

この世界は食べ物に対する飢餓よりも、
愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。

出典:マザー・テレサの名言・格言集。人生を支える言葉 | 癒しツアー

そうだったのかと、ハッとさせられる言葉だ、考えてみれば愛や感謝の気持ちがあれば、飽食の国と飢餓の国が地球上に混在するわけがないのだ。

愛されることより愛することを。
理解されることよりは理解することを。

出典:マザー・テレサの名言・格言集。人生を支える言葉 | 癒しツアー | Page: 2

受け身ではだめだ。

マザー・テレサの名言 ~ 勇気をくれる言葉

マザー・テレサの名言は

深く傷ついたとき、悩んでいるとき…そっと背をおしてくれる名言ばかりです。

あなたは、
あなたであればいい。

出典:マザー・テレサの名言・格言集。人生を支える言葉 | 癒しツアー

安っぽい流行歌に出てくると白けるが、彼女が言うと重みがある言葉だと思う。

導いてくれる人を待っていてはいけません。
あなたが人々を導いていくのです。

出典:マザー・テレサの名言・格言集。人生を支える言葉 | 癒しツアー

そう、そうすることで導きあいが生まれると思います。

神様は私たちに、
成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

出典:マザー・テレサの名言・格言集。人生を支える言葉 | 癒しツアー

その通りだと思います。そうでなければ誰もが成功しなければいけなくなぅてしまう。

日々、実践することを教えてくれるマザー・テレサの言葉

受け身だけでなく、自分から進む・行動する事を、マザー・テレサ自身実践しています

いかにいい仕事をしたかよりも
どれだけ心を込めたかです。

出典:マザー・テレサの名言・格言集。人生を支える言葉 | 癒しツアー

心を込めれば必然的にいい仕事になっていくからね。

私たちは皆、神の楽園に憧れています。でもじつは私たちは、いま置かれたところで楽園を味わうことができるのです。

出典:マザー・テレサの名言 厳選集

生きていること、それこそが最も大きな喜びだと思えるようにならなくては、と思った。

大切なことは、たくさんのことを成し遂げることでも、何もかもをすることでもありません。大切なことは、いつでも何に対しても喜んでする気持ちがあるかどうかなのです。貧しい人々に奉仕しているとき、私たちは神に仕えているのだ確信していることなのです。

出典:マザー・テレサの名言 厳選集

私も確信します。

苦しみが私たちの生活に訪れてくるとき、微笑みをもって受け入れましょう。神が送りたまうすべてを微笑みながら受け入れる勇気は、神からの最も偉大な賜物といえます。

出典:マザー・テレサの名言 厳選集

すごいなぁ、こういう考え方って。

気持ちのもちかた次第で世界が広がる事を教えてくれたような気がします

戦争について考えさせ、平和を願う気持ちを起こさせるマザー・テレサの言葉

平和も戦争も家庭から始まります。もし本当に世界平和を願っているなら、まず自分の家が相互に愛し合うことから始めていきましょう。もし、喜びを広げていきたいなら、まず、ひとつひとつの家族が喜びをもって生活することが必要なのです

出典:マザー・テレサの名言 厳選集

まずは、家庭での戦争をなくそう。理解しよう、譲り合おう。

誰もがほほ笑むようになれば、世界はもっと素晴らしい場所になるでしょう。ですから、笑って、元気を出して、喜びなさい。神はあなたを愛しているのですから。

出典:マザー・テレサの名言 厳選集

そうだ、笑おう。

愛の反対は憎しみではなく、無関心です。世界で一番恐ろしい病気は、孤独です。

出典:マザー・テレサの名言 厳選集

関心を持とう。目に見えるすべてに。

日本にも、マザー・テレサと呼ばれる人がいた。

シスター・江角ヤス

長崎への原爆投下で200人以上もの教え子を亡くされました。

戦前、長崎に日本人による初の修道院、女子高を創設し、女子教育の礎を築き、原爆被害者のためのホームを開設、福祉でも大きな功績を残した。日本のマザー・テレサと呼ばれたシスター江角ヤス。彼女の生き方・暮らし方、そして遺した言葉は、創設した純心女子学園で語り継がれている。

出典:WorkMaster(ワークマスター) – 8月9日、長崎原爆の日。...

原爆への関心が少なくなっている今、彼女の存在とともに再び戦争の悲惨さを見直すべき時に来ていると思う。マザー・テレサとともに江角ヤスの存在はさまざまな人の心の支えになっている。

「いやなことこそ喜んでやりましょう」

「はじめから本物の仕事をする習慣をつけましょう」

「お辞儀をするのに一秒もかからないし、一銭もかからない」

「一番良くないのは失望することです」

出典:WorkMaster(ワークマスター) – 8月9日、長崎原爆の日。...

愛にあふれる人は言葉も違う。

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ