【ダンスミュージックのパイオニア】荻野目洋子が歌手復帰!?【ダンシング・ヒーロー】

ユーロビート調の楽曲で80年代の音楽シーンで一世を風靡した荻野目洋子さん。 ダンスミュージックのパイオニアとも言われる彼女が復帰を発表! 気になるその内容とは?

2016.02.08
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンスミュージックのパイオニア・荻野目洋子

荻野目 洋子(おぎのめ ようこ、1968年12月10日 - )は、日本の歌手、女優、声優である。株式会社ヴィジョンファクトリー所属。

出典:荻野目洋子 - Wikipedia

ユーロビート調の楽曲が知られており、中でも「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」は特に有名ですね。
ちなみに「ユーロビート」とは主に電子楽器を使用したダンス・ミュージックを指します。

2:46 荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」

荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」

「70・80年代のもう一度聞きたい名曲」でも第6位に選ばれています。

結婚後は、育児に専念

2001年に、高校の同級生でもあるプロテニス選手の辻野隆三さんとの結婚を発表。
結婚後は育児に専念していました。

そんな彼女が歌手復帰を発表!

歌手の荻野目洋子(45)がデビュー30周年記念アルバム「ディア・ポップシンガー」を来月20日にリリースすることになった。目玉は、13年ぶりとなる新曲。荻野目らしいアップテンポなナンバーに仕上がった。また、自身のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」などもリメークして収録。育児が一段落したことから、今作をきっかけに歌手活動を本格化させる。

出典:荻野目洋子13年ぶり新曲!愛娘3人が後押し、歌手活動本格再開 —...

荻野目洋子

長女(12)次女(10)三女(7)の育児も一段落し、今作のリリースを機に活動を本格的に再開する。年明けに新年の抱負として開いた家族会議で、子供たちに「今年は記念の年だからお仕事してもいい?」と聞いたら、「もう自分のことは自分でやれるから、マミーも頑張ってやって」と背中を押してくれたという。

出典:荻野目洋子13年ぶり新曲!愛娘3人が後押し、歌手活動本格再開 —...

荻野目洋子×「ディア・ポップシンガー」

気になる収録曲はこちら♪

01 99 Big Balloons
02 ねえ
03 ホット・スタッフ ~恋のかけひき~
04 コーヒー・ルンバ
05 ラヴィン・ユー・ベイビー
06 ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)
07 ブレイクアウト ~弾けろ、ワタシ~
08 STEAL YOUR LOVE
09 フリーダム
10 六本木純情派
11 キミとタイムマシン
12 ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)[remix]

出典:荻野目 洋子|ディア・ポップシンガー

復帰のきっかけは「あまちゃん」の影響も?

連続テレビ小説『あまちゃん』

平均視聴率20.6%を記録し、昨年大ヒットしたNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』。
このドラマが荻野目洋子さんの復帰に一役買っているというのですが…?

昨今の音楽シーンはEDMをはじめとするダンスミュージックが世界的な主流となっており、ヒットチャートの上位は歌って踊れるアーティストで占められている。一方、2010年代に入って、大型ディスコ店が相次いで復活するなど、ディスコブームが再来。さらにNHKの朝ドラ『あまちゃん』に象徴される80年代カルチャーの再評価の動きもあり、日本にダンスミュージックを定着させた荻野目洋子というパイオニアが改めて注目されている。

出典:荻野目洋子、「ダンシング・ヒーロー」のNEWダンスヴァージョンMV公開

ちなみに、EDMは「Electronic Dance Music」 の略。エレクトリックで踊れる音楽すべてを指す言葉だそうです。
小泉今日子が劇中で歌う「潮騒のメモリー」の大ヒットに代表されるように、当時を知らない世代にも80年代のカルチャーが馴染みのあるものになっているのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ