細菌学者・野口英世の経歴と功績!1000円札に選ばれた理由とは

細菌学者として有名な野口英世。1000円札に乗っているため、私達は日頃から彼の顔を見ているのですが、彼が具体的にどういう研究をして、現代の私達のためにどんな功績を残したのか?については案外わかってないのではないでしょうか?今日は、そんな彼が残した功績を紹介したいと思います!

野口英世のプロフィール~細菌学者になるまで~

1876年、福島県の貧しい農家の家に生まれた、野口清作(後の英世)は囲炉裏に落ちる事故によって左手を火傷、幼少期より左手が不自由に。そんな彼に対して、母親である野口シカは学問で身を立てることを英世に諭す。

野口英世の母親・シカ

出典:pbs.twimg.com

野口英世の母親・シカ

野口英世の美談と合わせてよく登場するのが、彼の母親・シカの話です。

1883に入学した小学校で、小林栄という人物から優秀な成績を認められ、高等小学校に入学します。そこで、書いた自身の不幸を嘆く作文が多くの人の同情を誘い、募金が行われました。

そして、彼のての手術が行われるのです。

左手の手術をきっかけに、医者の道を志した野口英世は、苦学の末21歳で医師免許を取得します!

時には、だらけてしまう時期もあったとかなかったとか・・・

研究者としてスタートを切った野口は、北里柴三郎の伝染病研究所助手補やペンシルベニア大学のフレクスナーの助手、ニューヨークのロックフェラー医学研究所の正員などを歴任し、研究者としての道を確実に登っていきます。

研究の世界では、実力だけではなく人脈も大切なのです

野口英世の功績

そんな彼の功績とは?それは、様々な病気のもとになる細菌やウイルスの発見です!
1911年には梅毒病原菌の構造の解明に成功、ノーベル賞候補になります。
1918年には南米エクアドルで黄熱病病原体を発見したと発表します、彼の研究が黄熱病ウイルスの発見につながるのです。

当時、日本人がノーベル賞候補になるのはすごいことでした!

出典:pbs.twimg.com

当時、日本人がノーベル賞候補になるのはすごいことでした!

輝かしい功績を残したけれども・・・

彼は黄熱病の研究の最中、エクアドルで黄熱病に感染し命を落としてしまうのです・・・。

病原菌の発見は、危険を伴う作業でもありました

野口英世の名前自体が功績!?

細菌の研究に生涯を捧げ、歴史的な発見をした野口英世。彼の行った研究はもちろん功績ですが、それだけではありません!「野口英世」という名前自体が、後世の研究者を支援する様々な事業の原動力になっているのです。若手の研究者の意欲を高めたり、若手の研究者を支援する慈善活動につながったり・・・。ある意味彼の一つの功績と言えるでしょう!

野口英世記念医学賞

当記念会は、野口英世博士の遺徳偉業を顕彰するために昭和3年に設立され、その記念事業のひとつとして野口英世記念医学賞を設けております。本賞は、博士が生前行った研究に関係のある優秀な医学研究に対し、その功績を表彰するものです。

出典:野口英世記念医学賞 | 公益財団法人野口英世記念会(公式サイト)

野口英世記念奨学金制度

野口英世記念奨学金制度

成績優秀ながら経済的に恵まれない学生を支援し、有為な人材を育成し良き社会人として世に送る目的で、1958年(昭和33)、高等学校に在学する間の学資金として無利子の貸付を行う野口英世記念奨学金制度を創設いたしました。

出典:野口英世記念奨学金制度 | 公益財団法人野口英世記念会(公式サイト)

功績に感謝しながら・・・

世界でも名だたる長寿大国・医療先進国である日本。そんな日本で現代の私たちが素晴らしい医療を受けられるのは、彼らの命がけの研究があったからこそ!野口さんを始めとした、学者たちの素晴らしい功績に感謝しながら生きていくことは大切なのかもしれませんね!

何気なく使ってる千円札も、違って見えますね

野口英世が1000円札に選ばれた理由とは?

お札に使用される人物の選定には明確な基準はないそうですが、偽造防止の観点から、特徴的で肖像画を複製しにくいルックスを持った人が選ばれやすいとか。板垣退助や夏目漱石、野口英世など、16人中、実に11人がヒゲをはやしたルックスに特徴のある男性ですが、背景にはこういった理由もあるようです。

出典:第3回 お札にはなぜ肖像画が描かれているの?

1000円札の野口英世

日本銀行の資料を見ると、選定に明確な理由はないそうです。いくつかのポイントとして
「偽造防止」
「親近感」
「判別のしやすさ」
などがあるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ