【宝塚の革命児】真矢みき宝塚時代の逸話

現在は女優として活躍している真矢みきさん。宝塚出身ということは有名な話。宝塚時代に真矢さんが残した伝説をまとめてみました。

2016.05.14
このエントリーをはてなブックマークに追加

真矢みき 元花組トップスター

大地真央へ憧れ、宝塚音楽学校に入学

初舞台当初から注目を集め、歴代花組トップスターに勝るも劣らぬ個性派スターとしての道を歩んだそうです。

宝塚音楽学校入試の成績

宝塚音楽学校の入学時試験では39人中37位だったそうです。

出典:真矢みきの結婚相手は?宝塚の伝説?整形の噂は?性格をマツコから評価?

平均倍率は20倍前後だそうです。入学できただけですごい!!

0:38 宝塚音楽学校で合格発表

宝塚音楽学校で合格発表

髪型!!

宝塚の常識をブチ破る

男役にも関わらず長髪でブルーのアイシャドーを入れなかった

出典:『嵐にしやがれ...

薄い化粧を始めたのは、「周りの男役は女子校出身者ばかり。共学出身の私は間近で見てきた男の子の良さを取り入れよう」と思ったから。

出典:【転機 話しましょう】(86)女優、真矢みきさん 負い目を個性に変える...

宝塚時代の真矢みき

たしかに!
髪は長いしブルーのアイシャドーも入ってない!
宝塚の男役といえば、金髪オールバックにド派手なアイシャドーなイメージです。
さすが風雲児!

ソロコンサート開催

1998年、自らの発案で、つんく氏プロデュースにより、宝塚歌劇団初の『真矢みき日本武道館コンサート』を行い、2日間で3万人を動員し、大成功を納める。

出典:真矢みき

劇団に在籍している時にコンサートをひらくことは、異例中の異例だったそうです。
さすが風雲児!

つんく♂氏

1998年といえば、ちょうどモーニング娘。がデビューしたあたり。
同時にこんなプロデュースをしていたとは…
バイバイありがとうさようなら~と歌っていたときは、こんな敏腕プロデューサーになるとは想像できませんでしたね。

写真集出版

篠山紀信撮影による写真集の出版

真矢さんが男役・女役の2役をして、ストーリー仕立てになっているそうです。
出版された当時は男役トップスターだったわけなので、普段は見ることのない女性らしい真矢さんも見られるという一石二鳥の写真集ですね!
ファンにはたまらなかったことでしょう。

同期には黒木瞳・涼風真世

黒木は退団後も宝塚の舞台を観劇し、個性派の男役として活躍する真矢を見てきた。黒木は「みきちゃんはコメディーセンスが素晴らしい。右に出る者はいないと思う」と話す。

出典:黒木瞳、同期・真矢みきとの“秘密の花園”熱く語る...

これって・・・ほめてる?w

黒木瞳 元月組トップ娘役

お美しい・・・

涼風真世 元月組トップスター

ちなみに、男役・娘役はだいたい本人の希望が通るそうです。
自分だったらどっちだろう・・・

宝塚の常識をブチ破ってきた真矢みきさん。
そのマインドが女優になったいまでも生きているのかもしれません。
「凛とした」という言葉がぴったりの女性だと思います。
見た目も中身もカッコイイですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

あなたにおススメ

この記事に関するお問い合わせ