【デビュー秘話】藤原竜也の伝説

2013年には一般人女性と結婚を発表した藤原達也さん。数々の映画に出演し、大活躍ですが、そのデビューには知られざる伝説が?

今をときめく実力派俳優、藤原藤原竜也

映画に舞台にテレビにと大活躍

『藁の楯』より
清丸国秀役

木内一裕の同名小説を映画化されたサスペンスアクション映画

藤原竜也のデビューのきっかけは、14歳の時、池袋に遊びに来ていたところを、後のマネージャーである女性(児玉さん)にスカウトされたことだ。その後『身毒丸』のオーディションを受けて、見事合格し現在に至る。しかし、このオーディションで本当は落とされていた事実が発覚した。

出典:本当はホリプロに落とされていた藤原竜也。それを救った一人の女性。

まじで?落とされたの??

出典:goo.gl

まじで?落とされたの??

とても信じられない話です・・・

ホリプロのスタッフが不合格の箱に入れた藤原の書類を児玉さんが合格の箱に移し、次の日にまた不合格の箱に入れてあったものを児玉さんが合格の箱に移し変えたという。この嘘のような話から、現在の藤原竜也があるのだ。

出典:本当はホリプロに落とされていた藤原竜也。それを救った一人の女性。

その後、無事に「身毒丸」でデビューを果たしました。

そのデビューが蜷川幸雄の舞台「身毒丸」でロンドンが初舞台だったという藤原竜也さんの過去は、演劇界ではすでに「伝説」となっている。秩父から都内に遊びに来たときスカウトされた当時14歳の少年は、12年後の今日、りりしさとみずみずしさをたたえた見事な役者となった。

出典:藤原竜也さん(1/3) - インタビュー - ひと - [どらく]

『身毒丸』(しんとくまる)は、寺山修司作の舞台作品(岸田理生との共同台本)。中世の説話『しんとく丸』と『あいごの若』をモチーフにしている。母を売る店で買い求められた撫子と、その義理の息子・身毒丸との宿命的な禁断の愛を描く。

出典:身毒丸 (舞台作品) - Wikipedia

当時のお宝写真がこちら!

主人公身毒丸に扮す藤原竜也

14歳ごろの画像です

出典:blog.goo.ne.jp

14歳ごろの画像です

童顔だからか、今とあまり変わっていませんねw

藤原竜也は「身毒丸」がデビュー作になるわけですが、オーディション受けて、5000人以上の中から選ばれたというのに当時14歳の彼は芝居経験はまったくなかったそうです。すごいですね~。それなのに審査員の全員一致で、「彼が一番上手かった」と言われ、巨匠・蜷川幸雄にも「30年に一人の天才」と言わしめるとは・・・

出典:「身毒丸」あらすじと感想

そのくらい、自然な、もう、「見ただけで身毒丸」でした。彼の場合は。
70過ぎてもブランチ・デュポワ、なのが役者の神髄と知ってちゃいても、時分の花は、確実に美しいものです。
天賦の才あってこそ、ではあるのでしょうが、
あの身毒丸は、二十歳すぎてちゃ、ああはいくまいと思います。
あれは、あの、少年と青年の境界に踏み迷う年代であって始めて表現しえた形でしょう。

出典:身毒丸

『新撰組!』の藤原竜也

沖田総司役

和服も決まってます

『MONSTERZ モンスターズ』の藤原竜也

出典:cinetri.jp

『MONSTERZ モンスターズ』の藤原竜也

目の前の人間たちを自在に操る謎の男を演じます

『カイジ』の藤原竜也

伊藤カイジ役

壮絶な役どころも多いですが、実生活ではお幸せに、末永く活躍してほしいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ