【スプー】はいだしょうこお姉さんの絵が下手すぎる【これはひどい】

NHKのお姉さんとして有名なはいだしょうこさんですが、実は「画伯」としても有名なんです。そんな絵心のないしょうこお姉さんの絵と、上達した姿をご紹介します。

はいだしょうこさんの実力を見よ!

はいだしょうこお姉さん

はいだしょうこお姉さんの絵がひどすぎるということで話題になっています。
画像を使ってまとめてみました。

これが絵のモチーフ スプー

スプー

出典:www.maniado.jp

スプー

かわいいキャラクターです。

チョコランタンへ迷い込んだ男の子。3歳くらい。体色は黄色。一人称は「僕」。
食いしん坊でのんびりした性格。恥ずかしがり屋。「パピラプス」という魔法のラッパを持ち歩いており、吹くと不思議なことが起こる。

出典:ぐ〜チョコランタン - Wikipedia

スプーは「ぐ〜チョコランタン」という番組の主人公だそうです。

一方、はいだしょうこさんが描いた「スプー」の絵はこちら

画伯作「スプー」

出典:pds2.exblog.jp

画伯作「スプー」

・・・何も言えねぇ

「スプー」を笑ってごまかすしょうこお姉さん

ごまかせてません。

各所で話題になっています。

「スプー」以外の絵もあります!

画伯作「ネコ」

かろうじてネコとわかりますが、何で歯が抜けてるんでしょうか?

もともと絵心はなかった。

佐藤弘道から「子供を黙らせる絵を描かせたら日本一」と評された。両親から「人前で絵を見せることだけはするな」と釘を刺されていたが、結局仕事上で描かざるを得なくなった

出典:はいだしょうこ - Wikipedia

はいだしょうこお姉さん、仕事は大変です。

出典:pds.exblog.jp

はいだしょうこお姉さん、仕事は大変です。

両親から人前で書くなと言われているのは笑えますね

はいだしょうこお姉さんはエリート音楽一家に育つ

はいだは父はピアニスト、母は声楽家という音楽一家に生まれ、自身も宝塚音楽学校の声楽部門を主席で卒業している。宝塚歌劇団では「千琴ひめか」として娘役で活躍したのちに退団し、その後は幼児向け教育・音楽番組「おかあさんといっしょ」の第19代うたのおねえさんとしてお茶の間の人気を獲得した。同番組卒業後は、ソロの歌手として活動しているほか、独特のキャラクターを活かしてバラエティ番組にも出演している。

出典:「薬まみれでした」はいだしょうこが明かした、うたのおねえさんの過酷な毎日 -...

エリート音楽一家なんですね。

なんか感じのいいひとですし、育ちの良さが伺えます。

そんなお姉さんに転機が・・・

先日ある番組で、はいだしょうこさんが
プロの指導を受けて2日間でどれだけ絵がうまくなるか…という事を
挑戦していました。お題はオードリー春日さんの似顔絵でしたが、
上が最初に描いた絵で、下は二日目にプロの指導を受けて描いた絵です。

出典:nekokoブログ | 20131126

画伯の「オードリー春日」1作目

何を書いているのでしょうか?

画伯の最終作品「オードリー春日」

教えたプロすごいなぁ。

この変化に画伯もご満悦!

人間やればできるって、まさにな感じですね!

これはデマ!(ドラえもん)

画伯作と言われている「ドラえもん」はコラ画像

独特のシュールさがありスプーに似た狂気を感じますが、ネット上で拡散した嘘だそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ